事業者ローン・ビジネスローンの特徴

事業者ローン・ビジネスローンの特徴

事業者ローン・ビジネスローンの特徴

融資までが早い

銀行融資に比べると、審査にかかる時間が短く、融資までのスピードが早いことが特徴です。
なかには、即日融資が可能なサービスもあります。
また、申し込みの際に必要となる提出書類についても、銀行融資に比べると準備が容易なものですので、申し込みまでの時間も短くて済みます。
ビジネスローン比較サイト:ビジネスローン即日

銀行融資に比べると審査通過率が高い

事業者ローン・ビジネスローンは、銀行融資に比べると審査通過のハードルが低い傾向にあります。
ただし、その分銀行融資に比べ、金利は高くなります(下記のデメリットを参照)。

総量規制の対象外

事業者ローン・ビジネスローンは、総量規制の対象外となります。
総量規制とは、2010年6月に施行された改正貸金業法により、個人の借入総額が年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。
個人事業主の方では、次の要件を満たす場合、総量規制の対象外となります。

  • 資金使途が事業資金であること
  • 直近の確定申告書および所定の事業計画・収支計画・資金計画を提出すること
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること

そのため、上記の要件を満たせば、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超えての借り入れも可能となります。
また、法人名義でのお借入は、この総量規制の適用を受けません。

担保・保証人なしで借り入れすることができる

通常、銀行から融資を受ける場合には、土地や建物などを担保として提供することを求められることや、保証人が必要であることが多いです。
しかし、事業者ローン・ビジネスローンの場合、無担保・保証人無しで借り入れすることができるサービスがあります。
また、法人の場合は、代表者本人が連帯保証をすれば、その他の保証人は必要ありません。
ただし、その分銀行融資に比べ、金利は高くなる傾向にあります(下記のデメリットを参照)。

来店不要で借り入れ可能

当サイトでご案内している事業者ローン・ビジネスローンは、お申込みから契約まで来店が原則不要です。
郵送のお手続きで完了します。
お忙しい個人事業主の方に向いています。

カードローンなら、繰り返し使える・コンビニでも使える

カードローンの場合、ご利用可能枠の範囲内であれば、借り入れ・返済は自由ですので、必要なときに必要な金額の調達ができます。
一方で、資金に余裕があれば、いつでも一括、増額の返済が可能なので資金繰りに応じて、無理のない返済計画を立てることが可能です。
また、提携しているお近くの銀行やコンビニのCD(キャッシュディスペンサー)やATMでもご利用いただけるので、とても便利です。
そのため、突然の資金需要にもスピーディーに対応することができます。

事業者ローン・ビジネスローンのデメリット(銀行融資と比較した場合)

金利が高い

銀行融資に比べると金利が高いです。
当サイトでご案内しているサービスですと、下記のような金利になります。

▼ORIX CLUB CARD

 

ご契約枠(コース) ご融資利率(実質年率)
500万円コース 6.0%〜14.9%
400万円コース 6.0%〜14.9%
300万円コース 6.0%〜14.9%
200万円コース 6.0%〜14.9%
100万円コース 6.0%〜14.9%
50万円コース 8.0%〜17.8%

▼ビジネクスト

 

利用限度額 実質年率
100万円以上 8.0%〜15.0%
100万円未満 13.0%〜18.0%

▼ビジネスパートナーのビジネスローン

 

融資額 利息(実質年率)
50万円〜500万円 9.98%〜18.0%

▼オリコ「CREST for Biz」

 

ご利用可能枠 貸付の利率(実質年率)
300万円 6.0%〜15.0%
100万円 7.8%〜15.0%
50万円 9.6%〜18.0%
30万円 15.0%〜18.0%

融資可能な上限額が低い

銀行融資に比べると借入限度額は低いです。
そのため、大きな資金が必要となる投資計画の場合は、事業者ローンよりも銀行融資のほうが良いでしょう。
当サイトでご案内しているサービスですと、下記の限度額になります。

 

サービス 借入上限額
ORIX CLUB CARD 500万円
ビジネクスト 1,000万円(新規取引時は上限500万円まで)
ビジネスローン 500万円
オリコ「CREST for Biz」 300万円

事業者ローン・ビジネスローンの主な利用例

  • 売上が入金されるまでの運転資金
  • 銀行からの融資までのつなぎ資金
  • 従業員への給料の支払い
  • 下請け会社への支払い
  • 資材や工業機械の購入費用
ホーム RSS購読